プロが指南 就活の極意

合同説明会でも爪痕を残せる 積極参加で自分を売り込め!

昨年のうちからインターンシップに参加していたり、OB訪問を数多くこなしていたりしていた内定塾生の中にも、事実上の「内定」を既に獲得しているという方が続々と現れてきています。
就活解禁まで1カ月を切り、冬季インターンシップも応募・選考期間が終わり、徐々にインターンシップを実施した企業も増えてきていますね。

業界研究セミナーとうたっているもので、複数の企業が参加しているイベントが実施されていると思いますが、それもいわゆる「合同企業説明会」にほかなりません。
また、3月に入り就活解禁となると、正式に説明会も解禁となるので、大規模な合同説明会である就職EXPO(マイナビ)が、あらゆる地域で開催され、おそらくほとんどの学生が、そのイベントへの参加をもって「就活開始」を実感するのではないでしょうか。

これまで就活の準備を着々と進めている方もそうでない方も、改めて合同企業説明会では何をするべきなのかを整理しましょう。
特に、準備をしてこなかった学生は、これから合説に参加することでも可能な限りの準備ができるということを知っておきましょう。

どの企業を見るべきなのか

1日に訪れる企業数に対し、志望業界・企業が8割、あまり興味がない業界・企業が2割のイメージで、どの企業を訪れるかあらかじめ計画を立てましょう。

また、志望業界が特に決まっていないという場合であっても、事前にどんな仕事がしたいかを考えた上で、どの企業を訪れるかをあらかじめ決めておきましょう。

志望業界とそうでない業界などさまざまな業界・企業を比較して、それぞれの強みや弱みなどの特徴をおさえることで、より志望業界への志望動機も説得力が増すものになります。

また、自分がどんな仕事をしたいのか、実際に目で見て視野を広げるチャンスでもありますよね。

ブースに行ったらやること(1)

必ず企業の人に質問を投げかけることです。説明会に来ている社員の方々は、全員が人事部とは限りません。

時には、よりリアルな現場のお話を聞くこともできます。

多くの学生は、椅子に座って話を聞きメモを取ることに集中しています。

しかし、実際にブースで聞くことができる説明というのは、ホームページや資料などに載っているものばかりなので(もちろんそうでないケースもあります)、一方的に話を聞くことよりも、質疑応答の時間でいかに質問をするかに注力しま
しょう。

ブースに行ったらやること(2)

名前を覚えてもらうことです。

ただし、これは質問することだけでは足りません。

中でも、自分の名刺を作って配ったり交換したり、履歴書を配ったりする学生がいるそうですが、実際にそれらを行うことで名前を覚えてもらい、中にはOB訪問につなげることができたケースもあります。

OB訪問につなげる方法としては、質問をした上で率直にOB訪問をしたいことを伝え名刺をいただく方法もあれば、在学中の大学出身者で、入社した先輩がいれば、あらかじめその人の名前を覚えておき話題に出すことで、若手社員を紹介してもらうことも時には可能です。

部活であってもアルバイトであっても恋愛であっても、良い成果を見いだすためには「行動力」で示す以外ないですよね。

就活も同じです。